引越し犬 カニンヘン・ダックスのhulaさんが
茅ヶ崎(1年半)>富山(半年)>上海(3年)>東京(3ヶ月)>札幌(3ヶ月)を経て、ハワイへ流れ着きました。
あまりハワイっぽくないhulaさんと飼い主の日常をお届けします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
hulaさん、3年ぶりに日本に上陸



成田空港到着。


最後の関門、検疫です。


手荷物をピックアップした後、動物検疫のカウンターへ。



必要書類を提出したあと、奥の小部屋へ通され
ボディチェック?をしました。 


これで終了。

10分くらいであっという間に終了。



準備が大変なだけに
「あれ?もういいの?」という拍子抜けの感じもしますが
hulaさんが日本に入国しても良い、というお許しが出たので
本当に安心しました。



ターミナルの外へ出て
hulaさんのトイレ休憩と気分転換。

久しぶりの日本はどう??




さてさて、ここから自宅へ移動です。


ここで、私は選択を誤った気がします。


NEXで東京駅まで移動したのですが
ホームが地下4階くらいにあるので、地上に出るまでが一苦労。
エレベーターを探してさまよったり
地下道の人込みをかき分けながら歩いたり。。


少し時間がかかっても、バスを選んだほうが楽な気がします。

皆さんのご参考になれば。



飼い主汗だく・飼い犬余裕で自宅に到着。


3年ぶりのソファやベッドで
「今日からここがおうちなのね」とすぐに合点がいったよう。


まぁ、すでに何回も引越してるので
今更動揺することなどないのかもしれませんが・・。


上海の自宅を出てから東京の自宅まで
約10時間。


hulaさん、本当にお疲れ様!


快適な空の旅でした。
そんなhulaさんに、ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村


再見、上海

いよいよ上海を出発する日になりました。

ものすごい大荷物だったので
タクシーを予約しなくちゃ、と思っていたら
帰国日数日前、ある意味同僚だった幼稚園のドライバーさんが
「空港まで送ってくよ!!」と仰って下さいました。

hulaさんのことも可愛がってくれ
いつも本当に親切にして下さったドライバーさん。



おかげで、これから長旅の前に
のびのびと車内で過ごさせて頂くことができました。


そして、浦東空港に到着。
hulaさんにとっては、2度目の浦東空港です。


まずはチェックイン。
人間のチェックインと同時に
ペットの機内持ち込みの料金($200)を支払います。
チェックインの時、ANIMAL HEALTH CERTIFICATEも見せました。


あとはぎりぎりの時間までお外で時間を潰します。


走り回ったり。


トイレをしたり。



こういう時、コマンドでトイレが出来るようになっておいて
本当に良かったと思います。




hulaさんも満喫できたようです。


搭乗時刻が近付いてきたので、いよいよターミナルへ。

手荷物検査では、hualさんはキャリーから出してOK。
バッグだけX線を通し
人間が抱っこして、金属探知機の下を通過します。


みんなクレートの方に犬がいると思い込んで覗いてくるけれど
実際はバッグだよー。



デルタは、飛行機の乗り込む前にもう1度手荷物検査があります。
ここでは、バッグの蓋を開け「犬だよ」と伝えたところ
係員がびっくりしてました。
あまり無いパターンなのでしょうか・・。



機内に乗り込んだら、座席の下にバッグごと入れます。
あとは日本到着まで大人しくして頂きましょう。



最初は緊張してバッグの中でモゾモゾ動いてましたが
そのうち寝たようです。
機内食にも反応せず、終始お利口さんでした。


約3時間のフライト。

日本が見えてきました!



hulaさんにとっては、約3年ぶりの日本です。

着陸後、バッグごと膝に抱えると
外を見ようと必死になるhulaさん。



検疫が終わるまでは出してあげられないから
もうちょっとの辛抱だよ〜。


次はビジネスクラスでお願いね。
そんなhulaさんに、ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村


ANIMAL HEALTH CERTIFICATE の取得(帰国日2日前)


*記事に一部修正が有ります*



帰国日2日前。
「上海浦江出入境検験検疫局(海関)」へ
ANIMAL HEALTH CERTIFICATEを取りに行きます。


2回目なので超余裕。
毎度のことながら、おじさんたちも親切です。


これらを提出してから受け取るまで
5分とかかりません。

あっという間ね。

その足で、国営病院に向かいます。


海関で受け取った資料はこちら。



これは3枚綴りの複写式になっています。(あれ?何枚?)

2枚目をコピーし、病院に押印してもらう必要があるのです。

*訂正*

1番上のオリジナルをコピーし、病院に押印してもらう必要があります。

(ひぃさん、ありがと!!!)


日本の検疫所からそのように指示がありますが
さすがに最後に手落ちがあってはいけないので
すでに本帰国したお友達にも
自分の理解があっているかを確認しておきました。
ひぃさん、ありがと!PART2)


で、病院で押印されたものがこちら。


コピーして持って行かなくてはいけないのかな?と思ったのですが
とりあえず原本をそのまま持って行ったら
病院の方でコピーしてくれました。

コピー料は取られなかったけれど、毎回そうかは
中国なのでわかりません。


3年弱お世話になった上海とお別れする実感が
だんだんと湧いてきたこの時期。
(逆に言うと、こんな間際まで実感が無かった・・・)


hulaさんを通じて、沢山の中国人と交流ができました。


hulaさんと散歩していると、必ず声を掛けられました。

「なんていう動物?」「いくら?」「何で洋服を着ているの?」

日本では想像もしないような質問が沢山。

それに全部答えたくて頑張りました。
hulaさんと人懐っこい中国の方々がいたから成長できたのです。


みなさんに心から感謝です。





耳がめくれてるよ、ってよく注意されました。
そんなhulaさんに、ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村


帰国日1週間前の健康診断


日本へ帰るちょうど1週間前。


国営病院(申普病院)で、健康診断と必要書類の記入を行います。
(必要書類:Form-A、Form-C(1,2,3)

健康診断とは名ばかりで何もしないのかと思ってましたが
採血されました。
あと、虫下しのお薬も処方されます。




国営病院なので、この手の手続きは慣れているはずなのですが
新人の先生に当たってしまったのが不運の始まり・・。


書き方が分からないみたいだったので
「ここはこう書いて」とお願いするものの
全然聞く耳持たず

とりあえずにっちもさっちもいかなかったので
しぶしぶ持ち帰り、成田の検疫所に確認したところ
「これじゃダメです・・」とのお返事。

はい、書き直しです。



そのうえ、輸出に必要な「衛生証明書」の受け取りに使う
領収書(引換券代わりのもの)の用紙が無いから
翌日取りに来い、というではないか。



バカ正直に翌日取りに行ったら
案の定、「まだ用紙が届いてないよ〜」とのんきなお返事。

中国で私は何を学んだのか。


明日といったら、明後日じゃない。


ということで、普通だったら1日で終わることが
3日がかりとなりました。 


引っ越し荷物の搬出などで忙しい時期に
この3度手間は本当にイライラした〜。

でも、私の中国生活の一番の目標が

代行業者に頼らず、hulaさんに関することは全て自分でやり遂げる

だったので、その点ではちゃんと目標を達成できたからよかったな。


今となっては良い思い出ね。
そんなhulaさんに、ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村


中国出国40日以上前の手続き

日本へ帰る40日以上前に
到着予定空港の検疫所に輸入の届け出をする必要があります。
(詳しくはこちら→

やむを得ない事情がある場合は、40日を切っても若干考慮して頂けるようですが
基本的にはNGです。

予定変更も、後ろ倒しはOKだけど、前倒しはNGと言われました。
でも、変更は40日を切ってからでも良いそうです。

そのため、流動的な方は
少し手前の日にちで申請しておき、確実な日にちが決まったら
その時点で変更するのが良いと思います。

我が家は、おおよその日程もなかなか決まらなかったので
40日前ギリギリで申し込みました。


輸入申請はNACCSを使って申請しますが
分からないことなどは、日本の検疫官が非常に丁寧に教えて下さいますので
ここでは省きます。

「中国の場合はこうこうこうしてください・・・」
とかなり具体的に指示して下さいます。


狂犬病の抗体検査がきちんとクリアになっていれば
難しいことは1つもありません。



ただ、どの方もそうだと思いますが
引越の準備(荷づくり等)と重なるので
気持ちは楽ではありません(苦笑)

楽なのは犬だけです


おつとめご苦労。
そんなhulaさんに、ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村


機内持ち込みの確認





家探しで大混乱中の我が家。


転勤&引っ越しシーズンということで
お目当ての物件が次から次へ埋まっていく。。

日本にいるわけじゃないから内見もできず
本当に困っております。

どなたか、私達の代わりに見てきて下さい(笑)




そんな四苦八苦している本帰国準備の中で
一番気がかりといっても過言ではないのが
hulaさんの輸送。



人間のチケットの空き状況を確認したので
今日は、hulaさんが乗れるかどうかを確認しました。


今回も、行きと同様デルタ航空です。




前回は「ペットの機内持ち込み不可」と言われたり
色々混乱していましたが
今回はすんなり話が通り

「まだ予約しているペットがいないので
好きな席でご用意できます」

というお返事。



よかったぁ。
(まだ予約してないけど・・)


準備が大変過ぎてどよーんとしている我が家に
かすかな明かりが灯りました。



安心してないで、早く予約をとってちょうだい。
そんなhulaさんに、ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村


hulaさん、無事生還
 
今日、ペットの輸出入について
一部代行の手続きをお願いしているペットショップさんと
係留所までhulaさんをお迎えに行ってきました!!!


係留所は、虹橋空港(東京で言う羽田?)の近く。
産業廃棄物処理場が隣接しており
何とも寂しい場所です




受付で、空港で受け取ったhulaさん引き換え証と
パスポートを提示。


待つこと10分。




噂通り、3輪車にクレートを乗せて
おじさんが連れてきました。




いつの間にか検疫所の人が3,4人集まっており
なんだかhulaさん、人気者のようです。
小さいので、子犬と思われている雰囲気でした。

しかし・・・。


hulaさん、私がいくら話しかけても
うんともすんとも言いません。
クレートに手を入れても
舐めようともしてくれない




やはり、相当参ってしまったようです。


ペットショップさんから

「検疫所は衛生状態が完ぺきではないから
お店に戻ってシャンプーするまで
クレートから出さないほうがいいよ」

と言われ、すぐに抱きしめてやることもできず
微妙な距離感のまま、お店に戻るのです。



シャンプーをしている間に色々伺いました。
途中経過も聞いていましたが
hulaさん、概ね体調は良好だったようです。
ご飯もちゃんと食べ(苦笑)、も快調。
ただ、春節中のため、職員も激減し
ちゃんと管理されていない部分もあっただろうとのこと。
係留所は、1頭ごとに、タイル張りの小さいスペースに入れるため
寒さも相当だったと予想されます。
春節の爆竹も、かなりのストレスだったのでは・・。

春節の爆竹は本当に危険みたいです。
ストレスで、心拍数が上がり過ぎ死亡する例。
パニックを起こし、ケージに何度も体を打ちつけ死亡する例。
係留所だけでなく、ペットショップのホテルでも
発生することがあるそうです。
(私がお願いしたお店とは違うところですが・・・)


なんていうタイミングで引越してしまったのかしら
無事帰ってこれたからよいものの
今後ペットを連れて海外に引っ越す方は
こういう現地の特殊な事情も踏まえて
時期を考えた方が良いと思います。





シャンプーが終わると・・・。


いつものhulaさんに戻りました



ペットショップでは、クレートも簡単に掃除していただき
本当に至れり尽くせり。

帰りも自宅まで送っていただきました

ところが。。

久しぶりのドライブで、テンション
hulaさん、喜びのあまり
人生初のうれションを車内でしてしまうのです

そんな大失態さえも、「いいよ、いいよ、だいじょうぶー」と
笑顔で答えてくださったペットショップさんに
これからもお世話になろうと心に決めるのでした。



家に入って、「ここが今日からhulaのおうちだよー」と声をかけると
勝手にソファに上がり得意顔。






あまりにも普通に馴染んでいて、ちょっと拍子抜け。


引越しに慣れたのでしょうか。

茅ヶ崎→富山の時と全然違い
ずーっと前からこの家に住んでいますよ?
的な雰囲気を醸し出しています。


いやはや、母は強しと思っていましたが
hulaさん強しですね。




今日から、正式に
hulaさんの上海生活スタートです


これからも宜しくお願いします




せっかく帰ってきてあげたのに、Johnしゃんは日本出張みたいでしゅ。
ちょっと残念がっているhulaさんに、ポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村



日本出発

2012年1月19日

 
いよいよ日本を出発する日です。



10:00にホテルをチェックアウトして、荷物をフロントに預けてから
人形町周辺を散策してみました。

お昼ごはんは、MUNCHIES DINERさんで。
カメラを忘れてしまって一切お写真は無しですが
お店の方にとても親切にしていただき
hulaさんの写真も撮っていただきました
お店に飾っていただいたので
hulaさんに会いたくなったら、ぜひお店までお越しください



ホテルに戻り荷物をピックアップしてから
タクシーで京成上野駅へ移動。
スカイライナーの出発時間まで時間があったので
コインロッカーに荷物を入れて、上野公園を散策。
身代わり観音堂に、旅の無事をお願いするのです。






スカイライナーで45分。
成田空港に到着です。




到着したのは14:30。
検疫の時間は16:00。
予約した時間よりだいぶ早かったけれど
あまりにも寒くて、屋外で時間をつぶすのは限界だったため
検疫所へ向かいます。

成田の検疫所は、2Fのお客様ご案内センターに声をかけると
専用通路まで案内してくださいます。




検疫所で、書類の確認と身体検査。
検疫済みのタグをキャリーバッグにつけてもらえば
出国OKです。




検疫所の方はとても親切で
「屋外は寒いでしょうから、次の検疫の方が来るまでどうぞ」
とhulaさんと私を、お部屋に居させて下さいました。
空港内でhulaさんをキャリーバッグから出せるところはないので
このお気遣いはとても嬉しかったです。

30分ほどお邪魔したのち、
時間になったので、次は飛行機のチェックイン。

今回、スーツケースも重量オーバーだったし
hulaさんの持ち込みも$200だったはずなのに
チェックインカウンターでは何も言われず・・。

なんか変だな?と思って係員の方に話すと
スーツケースの重量オーバーを免除してくださいました

申し出なければ、hulaさんの$200も取られなかったという説はありますが
ズルはよくないので、これで良いのです。


人間だけならすぐにでも出国審査に進みたいのですが
hulaさんのごはんとのため、ギリギリまで屋外で待機。



搭乗時刻30分前、ようやく出国審査へ進みました。
この頃から、不安が急に大きくなり。。

hulaさんを飛行機に乗せて大丈夫か、と
今更ながら後悔するのです


でも、ここまできたら後は神頼み。
あのんさんから頂いたお守りを握りしめ
ひたすら無事を祈るのでした。





予定より少し早く、搭乗開始。
飛行機は空いており、隣も空席。

わーい、ラクラクだーと浮かれておりましたら・・。


水平飛行に入った途端、いきなり中国人・ヤンさんが乱入。

ロビーで待っている時から
hulaさんのことが気になって仕方なかったようで
「僕が面倒みるから、you、ごはん食べちゃいなよ」的なことを
英語で話しかけてくるのです。
そして、堂々と隣に座り、居座り続けること3時間。

それが誘い水?となり
中国人数人が「犬がいるぞー」という感じで
見に来たり、その人だかりにCAさんも吸い寄せられ
「わぉ、子犬ちゃんね」などと
異常なまでの盛り上がりを見せるhulaさん周辺。


あまり騒がれるとhulaさんが暴れちゃうーと心配しましたが
そんな中でもずーっと眠り続けるhulaさんでした。



着陸後も、ヤンさんが大量の荷物を持ってくれたので
最終的には大助かり。
hulaさんも、ヤンさんに懐いたようです(苦笑)




そして、ターンテーブルで荷物を待っていると・・。


突然、新たな中国人から話しかけられるのです。


今度は何だ?と思っていたら
検疫所の方でした。


検疫所の場所などが分かっていなかったので
迎えに来てくださって助かりました。
でも、ヤンさんは「あいつは信用ならねぇ」的なことを言い
自分も検疫所まで付き添うと言い出す始末。。

いやいや、検疫所の人だからもう大丈夫だよ。


やんわりとお断りし、ここでヤンさんとお別れ。

検疫官に連れられ検疫所へ。
思ったより清潔なところでした。


キャリーバッグから出すと
hulaさん、お水を欲しがり
ボトルがついていない給水器の口を
一生懸命舐めるのです。
「お水が欲しい」と伝えると
紙コップにたっぷりとお水を入れて
持ってきてくださいました。




書類のチェックは、成田で発行された輸出検疫書だけ。


hulaさんと一緒に写真を撮り
2,000元を支払い、手続き終了。


キャリーバッグからクレートに入れ替え
hulaさんとお別れ。
私が部屋を出ようとすると、「ヒィーン」と悲しい泣き声で
行かないでーと訴えるhulaさん。
断腸の思いで到着ゲートを出るのです。


後日談ですが・・・。

私が去った後、獣医さんと検疫官のお二人が
お部屋の中でhulaさんをフリーにし
遊んでくださったようです。
その際、おちっこを2回、大量にしたそうです(笑)



中国、思ったよりも優しい国です。



hulaさんご帰宅までカウントダウン。
ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村


東京散策
 
東京到着翌日(2012年1月18日)


朝は、ホテル近くの公園まで
散歩に行ってきました。




都会のダックスくん2匹に囲まれ
ビビる田舎っぺhulaさん






午後からは、前職でお世話になった方々に
出発前のごあいさつ。


お昼は、先輩Uさんとお嬢さんのMちゃん、お客様Uさんで
女子会ランチ。
もちろん、hulaさんも同伴させていただきました。

この季節、屋外はさすがに辛いので
屋内OK+ランが併設されているところ
という条件で、両国のDOG GARDENへ。



Mちゃんにhulaさんとドッグランで遊んでもらったおかげで
大人チームはゆっくりまったり、お茶&おしゃべりができました
(Mちゃん、ありがとねー



夜は、macoちゃん&mocoちゃんと
銀座で女子会ディナー。
こちらももちろん、hulaさん同伴です。

お店は、銀座パラフレーズ

こちらでも、お二人に可愛がってもらい
本当に感謝感謝です





東京から離れてしまえば
富山だろうと上海だろうと
あまり変わりない気もするのですが
やっぱり私の中で、「海外」は特別な感じ。

ちゃんとご挨拶できてよかったです。



hulaさんも、たくさんの人に可愛がってもらって
終始ご満悦。



みなさん、帰国したらまた一緒に遊んでくださいねー。
あ、上海に遊びに来てくださってもよいですよ




明日で係留終了。今からドキドキです。
hulaさんに、ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村



富山出発
 
2012年1月17日(大安)


いよいよ富山を出発する日です。

上海向けの荷物は16日ですべて出し終わったのですが
日本に残す荷物(トランクルーム行き)の梱包が全然終わらず
明け方4時まで作業をし、6時に起きて作業再開。
まるで、期末テストの高校生みたい


引越し作業中は
クレートに入ってずっと大人しくしていてくれたhulaさん。




作業員さんの休憩中に、ちょっと探検。






hulaさんが良い子だったおかげで引越しは滞りなく終了し
退去の立会いも無事完了。

茅ヶ崎の時に続き
「ペットを飼っていたとは思えません。
こんなに奇麗に使ってくださってありがとうございます」
というお言葉をいただき、大満足の私です(笑)


そして、またまた茅ケ崎の時同様
夜逃げ同然の大量の荷物を抱えた私を見て
不動産屋さんが「駅まで送りますよ」と優しい一言を
毎度毎度、不動産屋さんの優しさに助けられるのです。





富山駅から東京駅までの合計3時間半の移動。

飛行機に備え、クレートではなく
キャリーバッグに入ってもらいましたが
こちらでもとってもいい子でした。




東京滞在でお世話になるお宿は
住庄ほてるさん。
(ペットは、直接予約の時のみ同泊OKです)



備品はすべて自分で用意する必要がありますが
都内でお手頃価格で泊まれるところは少ないので
とても有難かったです。
hulaさんも、特に戸惑う様子も見せず
ちょっと遅めのお夕飯をがっつくのであります。








あまりに大量の荷物で
本当に腕が抜けてしまうと思ったくらい
移動は大変でしたが
何とか初日を乗り切りました。
こうして、母はまた一段と強くなるのです。



係留ももう少しで終わり。
そんなhulaさんに、ポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村